香箱(こうばこ)蟹ってどんな蟹!?

 

香箱(こうばこ)蟹は地域によってはセイコカニと呼ばれることもあります。
実は香箱蟹はズワイ蟹のメスのことを言うんですよ。
オスのズワイ蟹と比べると香箱蟹はかなり小さいですが内子や外子がぎっしり詰まっており、蟹味噌も絶品です。内子や外子のプチプチの食感も病みつきになります。

11月6日〜12月下旬の短い期間しかお召し上がることができない石川県限定の冬の味覚。
石川の方はこの時期をいつも待ち遠しにしています。県外の方も香箱蟹を目当てに金沢に来られる方も…皆さんでこの短い期間においしい蟹を楽しみましょう。
あまり県外に出回ることはないので、ぜひ金沢で香箱蟹をお楽しみくださいね。

 

 

 

石川県で沖上げされたオスのズワイ蟹は!?

 

石川県で沖上げされたオスのズワイ蟹はなんと呼ばれるのでしょうか!?
どこかで一度は耳にしたことがあるかもしれませんが【加能ガニ】といいます。
青色のタグが目印です。他の水域のズワイガニと比べても、格段に甘みがあり、身もしっかりつまっていてプリプリです。蟹味噌もたっぷり詰まっており、食べずにはいられませんね。
漁期が定められているため、冬にしか味わうことのできない贅沢な逸品です。
蟹の炭火焼は香ばしく甘さが引き立ちます。また、お刺身は透明でプリプリの食感です。
蟹味噌と一緒にしゃぶしゃぶもおすすめです。
今年も蟹漁の解禁が待ち遠しいですね。ぜひ、今年の蟹もお楽しみください。

石川県では加能蟹と呼びますが、お隣の福井県では【越前ガニ】といいます。
山陰地方では【松葉ガニ】呼び方もいろいろですね。多くの地域ではズワイガニと総称で呼んでいるらしいです。せっかくの石川県のブランド蟹の加能ガニをぜひ、限地でお召し上がり下さいね。